Starbucks

【完全版】海外のスタバ(スターバックス)で働く方法|ワーホリ留学

Starbucks

はじめまして。ほしとと申します!

このページをみている人は、おそらく海外でワーホリをしようと考えている人、もしくはもう既に海外にいて仕事を探している人が多いのではないでしょうか。

この記事では、

  • どうやって海外のスタバでの仕事を得るのか
  • 必要な英語力
  • 私の実際の履歴書(Resume, Cover Letter)紹介

等々、なるべく詳細にご紹介できたらと思います。

私自身、カナダ・トロントのスタバで約3ヶ月バリスタとしてフルタイムでバイトをしました。

その経験を思い返すと、スタバで働いて本当に良かったと思っています。

なのでこの記事を読んで、一人でも多くの人が望み通り海外のスタバで働けることを願っています!

スポンサーリンク

はじめに

皆さんは今まさに、ネットや友人などから情報収集している最中だと思います。

海外のスタバで働く方法に関する情報はあまり多くなく、個人の体験談の記事がほとんどを占めます。

そのような記事や友達からの伝聞の中には、その界隈でまかり通っているウワサが含まれていることがよくあります。

例えば、

  • ビザの期限は最低6ヶ月以上なければいけない
  • 日本のスタバでの勤務経験がないと厳しい
  • ○月の時期は採用が少ない

等々、いろいろ見聞きしたことがあるかと思います。

しかし注意したいのは、これらは「少数のサンプルから演繹的に導かれた憶測にすぎない」ということです。

確かにそのような傾向は採用者によってはあるかもしれませんが、単なるウワサでしかありません。

皆さんがこれらのウワサによって挑戦を躊躇することがあって欲しくはありません。

仮にそのウワサが本当だとしても、あなたが最初の反例になるくらいの気持ちで挑んでいただきたいと思っています。

本記事を読むことで、英語力に不安がありながらもローカルのカフェで働きたいと思っている方々が、望み通りの仕事を手に入れてかけがえのない経験を積めることを心より願っています!

海外のスタバで仕事を得るまで

経歴・英語力

経歴
  • 20XX年1月 ワーホリビザでニュージーランド・オークランドへ行く(当時大学生)
  • 3月 2ヶ月の語学学校を卒業して仕事を探し始める
  • 4月 日本人経営のゴルフショップでバイトを始める
  • 8月 ワーホリビザでカナダ・トロントへ移る
  • 9月 トロントのスタバで働き始める
  • 12月 日本へ帰国する

私は大学生の時に1年休学してワーキングホリデーをしました。

1年しかなかったので前半はニュージーランド(NZ)、後半はカナダと決めていました。

この時の英語力:受験英語が頭の片隅にある程度。超簡単な会話をなんとか。ネイティブのリスニングは全然わからない。

NZでは語学学校である程度英語を学んでから、ローカルカフェで働く算段でしたが夢叶わず、日本人経営のゴルフショップで働くこととなりました。

同僚は日本人でお客さんはローカルの方々という環境であり、英語の勉強という点では思い通りのものではありませんでした。

そんな思いを抱いていたこともあり、カナダではローカルのカフェで働きたいという思いがいっそう強まりました。

そんなこんなで時がたち、トロントへ移動することとなります。

この時の英語力:簡単な会話は可能。ネイティブのリスニングは運がいいと分かる。わからなく聞き返すこともしばしば。

スタバを選んだ理由

これといった理由はありませんが、

  • ローカルカフェで働きたいと思っていた
  • 福利厚生が整っている
  • 大企業のためワーホリという弱い立場でも搾取を強いられない
  • 北米の店舗数が多いので門戸が広い

等々です。

特に北米の店舗数が多いという事実は就活のやる気につながりました。

NZのオークランドに至っては2店舗しかありませんでしたから。。。

しかもトロントは移民の多さが世界2位の都市であり、アジア人も多く圧倒的な民族多様性に富んでいます。

だから住民の留学生への理解も深いはずだと言い聞かせてやる気を出していました笑。

アプライ方法

アプライ方法
  1. 基本はネットから申請する
  2. 店舗にレジュメを配って回る
  3. その場で面接になることも

1. ネットから申請する

カナダのスタバの応募は専用のウェブサイトからが基本です。

応募ページ:https://www.starbucks.ca/careers/find-a-job/retail

店舗ごとの応募になります。

ここで重要なのは、できるだけたくさんの店舗に応募することです。

応募する店舗の数はシンプルに多ければ多いほどいいので、めげずにできるだけたくさん応募しましょう。

自分はトロントのダウンタウンを中心に60店舗くらいに応募しました笑。

それでも後から連絡をもらった店舗は3件くらいで、しかも2ヶ月後と相当なタイムラグがありました。

と言ってもただ部屋でぽちぽちするだけなので、そんな大変ではないはずです!

2. 店舗にいってレジュメを配る

本来ならばネットから申請するだけで終わりなのですが、いつお返事のメールが来るか全くわからないので自ら店舗に出向いて履歴書を配って回ると良いでしょう。

その際のポイントは、マネージャーがいれば呼んでもらい直談判することです。

こんな感じでお願いしてみてはどうでしょうか。ご参考になれば幸いです。

Hi. I’m looking for a job here and I’ve already apply on the web site.

And I’m wondering if I could talk to your manager…

自分はネットで応募した約60店舗のうち、30店舗ほどにお邪魔させていただきました。

そのうちの多くは、「ネットで応募したなら連絡が来るまで待っててね」といった感じで門前払いでした。

いくつかの店舗では、「マネージャーは今不在だからレジュメを渡しておくよ」と言われレジュメを受け取ってもらえることも。

5つくらいの店舗では直接マネージャーとお話しできたものの、「今は求人をしていない。空きがでたら連絡するよ」といった感じでした。

3. その場で面接になることも

とある店舗のマネージャーは、私の話を聞いてその場で面接してくれました。

10分くらいの一通りの面接後言われたのが、「今は空きがないけど、空きしだい連絡するよ」とのこと。

その場で採用とまではなりませんでしたが、運が良ければ急に面接が始まることもあるのである程度準備していると安心です!

アプライ方法のまとめ

とまあこんな感じで、地道にタネを撒くことしかできませんが、やれる事はなんでもやっておくことでチャンスを広げていきましょう。

はじめは自分も拙い英語で店舗に突撃するのはとても緊張しました。最初の方は店舗の前で何度も地蔵してました笑。

でも一歩踏み出せは全然違う結果になるのも事実。勇気を振り絞って突撃してみてください!

定員さんもマネージャーさんもみんな優しいですよ!

レジュメの書き方・サンプル

さてネットで申し込む際にも履歴書が必要です。

ResumeとCover Letterどちらも提出しましょう。

具体的な作成方法については「レジュメ 英文」「カバーレター 英文」でググってください。

参考までに自分が実際に使ったモノを紹介します!

注意点として、ビザの有効期限は長ければ長い方が良いですが、○ヶ月以上が必要といった絶対的な基準はないのでそこまで気にしなくていいと思います。

とりあえずアプライすることが大事!無料だし!

面接の連絡・面接対策

ネットでアプライして店舗へレジュメを配ってからおよそ2週間後に、一つの店舗から面接の連絡がきました。

結局そこで働くことになるわけですが、その店舗は直接レジュメを配った場所ではありませんでした笑。

しかし店舗へ直接レジュメを渡しに行った経験が、これからの面接に生きるはずだとポジティブに考えることにしました笑。

面接は店内の席にてマネージャーと一対一で行われ、終始穏やかな雰囲気で正味10分ほどでした。

面接で聞かれたこと
  • 1分程度で自己紹介
  • なぜスタバで働きたいのか
  • 好きなドリンク
  • チームメイトが問題を起こした時にあなたはどう対応するか
  • どうやって顧客の苦情に対応するか
  • etc…

以上が覚えている範囲で面接で聞かれたことです。

そのほかの質問は、以下のサイトで確認できます。

スタバ質問集:https://www.glassdoor.ca/Interview/barista-starbucks-interview-questions-SRCH_KO0,17_IP2.htm

面接時に注意することとしては、

  1. 質問の意図が解らなかったら聞き直してOK!
  2. かっこいい事は言わなくていいので超簡単な英語で伝わればOK!
  3. 日本のスタバで働いている経験は必ずしも必要ない
  4. スタバのmission statementにそぐうような回答をする

1と2に関しては、背伸びしすぎないことです。

相手も我々がネイティブでない事は重々承知なので言い回しはあまり気にしなくて良いと思います。

大事なのはシンプルに、笑顔で・分かりやすく・ハキハキと、している事です。

3については、そのまんま。

自分も日本のスタバで働いた経験はありませんでしたし、ましてやカフェで働いた経験もありませんでした。

そもそもスタバにあまり行ったことすらなく、好きなドリンクを聞かれたときは正直にあまりメニューを知らないことを伝えた上で、キャラメルマキアートと答えました笑。

ということで、スタバやその他カフェで働いた経験がなくても心配ありません。

4については、正直これが全てと言っても過言ではありません

スタバのmission statementはこんな感じ。

To inspire and nurture the human spirit – one person, one cup and one neighborhood at a time.

引用:https://www.starbucks.com/about-us/company-information/mission-statement

様々な解釈の余地があると思いますが、私の職場のマネージャーはこのようなことを何度も強調して言っていました。

良いコーヒーを提供するだけでなく、良い”体験”を提供するのが私たちの仕事だよ

バリスタは単に良いコーヒーを提供するだけでなく、暖かい接客を通じて顧客に良い体験を提供し、それを通じてその周囲の人々にも良い影響を与えて行けるのが理想である、といった感じ。

このmission statementはバイトが始まった後のオンライン研修でもたくさん出てくるし、雇用者が自覚を持ってこれを実践しているのがスタバの強みの1つだと彼らは認識しているようなので、これに近いニュアンスのことをいうのがポイントだと思います!

こんな感じで面接を終え、結果は後日報告するとのことでした。

約3日後に合格の連絡が来て、晴れてスタバでバリスタとして働けることになりました。

トロントのスタバで働いてみて

webオリエンテーション

まず初めにする事は、webオリエンテーションを受ける事でした。

e-learning的なやつをひたすらぽちぽちします。給料はちゃんと出ます。

内容は、先ほどのmission statementの話やドリンクの作り方など、基本的なもの。英語ですが自分のペースで進められるため安心です。楽です。

それが終わると、最初はレジ(POS:point of system)を任されます。

最初はレジ打ち(POS)

最初の仕事は、レジに立ってオーダーをとることです。

最初はメニューも解らないし英語も速いので何言っているか全く分からず辛いですが、慣れます。

かのFacebook創始者、Mark Zuckerberg氏の言葉です。

Done is better than perfect.

(完璧を目指すよりまず終わらせろ)

mark zuckerberg

いくら英語の勉強をして準備するよりもリアルに飛び込んだ方が何倍も成長が速いです。

上の言葉とは微妙に意味がずれますが、この言葉を信じてリアルの接客をとっととやっちゃうのが成長のスピードは速い気がします。

このマインドでめげずにレジ打ちをこなしましょう。すぐ慣れるし、リスニングもすぐできるようになります。

Bar(ドリンク)での仕事

2週間くらいして慣れてくると、今度はBarでドリンクを作らせてもらえます。

これが結構楽しかった。

最初はレシピを覚えることに一苦労でしたが、何度も間違えながら覚えていきます。

日本にはないドリンクもたくさんあります。

例えば、ハロウィーン限定の『ゾンビフラペチーノ』。

色やばすぎ。。。

福利厚生について

バイトで働いている人にも十分すぎるほどの福利厚生が受けられます。これがだいぶ嬉しいです。

公式サイト:https://www.starbucks.ca/careers/working-at-starbucks/benefits-and-perks

サイトによると奨学金や保険等いろいろあるようですが、実際に頻用したモノをいくつか紹介します。

福利厚生
  1. ドリンクが無料で飲める
  2. Markout
  3. スタバの商品が30%割引
  4. 期限切れの食糧を持ち帰れる

1. ドリンクが無料で飲める

出勤前、出勤後、休憩時間に好きなドリンクが無料で飲めます。

サイズやトッピングも自由に選べます。

勤務中は2時間ごとに必ず休憩が入るので、1日8時間勤務の場合は最大5杯のドリンクが飲めます。

また裏技として、トッピングにバナナが選べる仕様になっているため、バナナも無料でついてきます。

出勤時にはスムージーとバナナを食べればいいのでとても節約になります。

2. Markout

Markoutという制度を使うことで、コーヒー豆1袋や紅茶1箱を週に1回無料でもらえます。

これによって、どんどん家にコーヒーや紅茶が溜まっていきます。

好きな人にはとてもありがたい制度です。

3. スタバの商品が30%割引

飲み物・グッズ問わず商品が30%引きで購入できます。

陶器のタンブラーをお土産で買いましたが、日本に持ち帰る際に割れました。

4. 期限切れの食糧を持ち帰れる

日本ではなかなか許可されない残飯の持ち帰りですが、カナダでは自由に持ち帰れました。

カナダのスタバでは、パンやスイーツの他にもヨーグルトやランチボックスも販売しているので、たくさんの食糧をゲットできます。

消費期限が近いので早く食べましょう。

とこんな感じで、手厚い福利厚生を受けることができます。

給料以外でも手厚い福利厚生を受けられるのはとてもありがたいですね!

さいごに

以上、海外のスタバでの働き方〜実際に働いてみてをご紹介しました。

自身もなかなか仕事が決まらず焦る日々が続いていました。

チャンスを引き寄せるには自ら行動するしかありません。

この記事がワーホリで仕事を探している人の手助けに少しでもなれば幸いです。

何か質問等あればご気軽にお問い合わせください。

皆さんの明るい報告を心より願っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました