医学

【富士通】電子カルテ/くじらメールの使い方【EGMAIN-GX】

多くの病院で導入されている富士通の電子カルテ、HOPE EGMAIN-GX。

その中のメール機能『くじらメール』の使い方について解説します。

スポンサーリンク

電子カルテ/くじらメールの使い方

『ToDo一覧』から送受信する

くじらメールは、コマンド『ToDo一覧』から送受信する事ができます。

起動方法

「ナビゲーションマップ」>「共通」>「ToDo一覧」

にて起動できます。

  • 「ナビゲーションマップ」はカルテ画面右にある四角マークをクリックすると開けます。
  • 「ToDo一覧」は「ナビゲーションマップ」の左下にあります。
  • よく使う人は「ToDo一覧」で右クリックしてお気に入り登録しておきましょう。

くじらメールの送信方法

「ToDo一覧」を起動すると、受信メール一覧が表示されます。

送信したい時は画面上部、List設定ボタンをクリックします。

「お知らせ内容」の部分に本文を入力します。

その下「お知らせ先」のNo.をクリックすると、送信先を選ぶ画面にたどり着きます。

画面左「お知らせ先指定」で送信者を選び、その下のリストに入ったことを確認します。

画面右「お知らせ日時指定」で送信する時間を選びます。

基本は何もいじらなくてOKです。

下矢印をクリックして、下のリストに日にちと時間が表示されたら確定をクリックします。

「お知らせ内容」「お知らせ先」が正しいことを確認したら、

画面右下お知らせカレンダーへ展開をクリックしてから、その隣の確定をクリックします。

これで『くじらメール』送信完了です。

相手の既読を確認する

くじらメールがしっかり送れているか、そして相手が既読したかを確認する方法をご紹介します。

「ナビゲーションマップ」>「共通」>「ToDo一覧」

で「ToDo一覧」を起動します。

List設定ボタンをクリックし、本文入力画面へ行きます。

画面左上、通知済み一覧をクリックします。

「利用者」「患者」のタブがあると思いますが、「利用者」をクリックします。

送信リストが出でくるので、送信時間の隣の「未」「既」の表示で相手がくじらメールを見たか確認する事ができます。

まとめ

以上、富士通の電子カルテにおける「くじらメール」の使用方法でした。

また、便利な機能やを分かりにくい機能があれば紹介していきたいと思います。

電子カルテについて、何かご質問があれば遠慮なくお尋ねください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました