ゴルフ

【どこでも可】ゴルフが一番上達する練習は素振りです【しかも無料】

ゴルフ

ゴルフの上達において一番効果的な練習は、ずばり「素振り」です。

定番練習すぎて意外と見落とされがちですが、実は一番重要と言っても過言ではないくらいオススメの練習法です。

この素振り練習のいいところは、「どこでもできる」ことと「無料である」こと。

その上、効果もかなり期待できるとあって、絶対やるべきオススメの練習だと思います。

この記事では、素振り練習をするにあたって知っておいて欲しいことや疑問などをを徹底解説していきます。

初めて素振り練習をする人によくある疑問

  • 素振りはどこでできるの?
  • どんな効果が得られるの?
  • 1日何回振ればいいの?
  • オススメの素振り練習器具ってある?

こんな疑問も、「全て」この記事で解決していきます。

スポンサーリンク

素振り練習がもたらす効果とは

素振り練習では、

  1. スイングの「型」が身に付く
  2. 飛距離がUPする

の2つが期待できます。

スイングの「型」を身に付ける練習として、素振り練習は欠かせません。

逆に、ボールを打つ練習をいくらしてもスイングの型は身につかない、もしくは身に付くのにとても時間がかかってしまいます。

野球や剣道と同じように、ゴルフにおいても素振りはとても重要なのです。

そしてもう一つの効果として、飛距離UPが期待できます。

実際わたし自身も、約半年のバット素振りで飛距離UP(240y→270y)に成功しました。

そのほかにも素振りで飛距離を伸ばした事例はたくさんあります。

詳しくはコチラの記事をご覧ください。

素振り練習はどこでできるか

素振り練習のメリットの1つとして、「場所を選ばない」というものがあります。

ボールを打つ練習となると、ゴルフコースや打ちっぱなしに行ったりと練習場所が制限されてしまいますよね。

対して素振りは、スペースさえあればどこでもできます。

例えば、

  • 公園
  • 河川敷
  • 打ちっぱなし

などなど。

実際にそのような場所で素振りを行う際の注意点や、オススメ方法などはコチラの記事をご覧ください。

素振り練習の具体的な方法

素振り練習が大切なのは分かったという方。

次に気になるのは「具体的な練習方法」ですよね。

例えば、

  • 重いものと軽いものを交互に振る
  • 連続素振り
  • 左素振り

などがあります。

特に「重いものと軽いものを交互に振る」練習はPGA選手も多々実践している優れた練習法なので、日々の練習に取り組むべきです。

詳しくはコチラの記事をご覧ください。

素振りは1日何回すれば良いか

素振りを1日何回すればいいのか悩んでいる方。

断言します。

1日100回を目標にしてください

というのも、数々のプロもそのくらい素振りをすることで実績を出してきたからです。

詳しい理由やその根拠などはコチラの記事で解説しています。

オススメの素振り練習器具

わたしがオススメする練習器具はコレ。

Azas GOLF ドライバット ツアープロ 45インチ 練習用バット [アザス オレンジ ピンク ブルー グリーン ゴルフ]
created by Rinker
¥7,570 (2021/01/27 23:56:01時点 楽天市場調べ-詳細)

わたしも長年愛用しています。

そして私だけに限らず、実績のあるプロやトップアマもまたこのドライバットを愛用しています。

このバットのいいとことは、

  • 豊富なバリエーション
  • 竹でできており適度なしなりがある
  • ドライバーと同じバランスで作られている
  • センターで2色に分かれており、フェースの開閉が意識できる

等々、たくさんあります。

このバットについてもっと知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。

タオル素振りって、どうなの

よくある素振り練習法の一つに「タオル素振り」というものがありますよね。

実はコチラ、僕はあまりオススメしていません。

というのも、

タオルとクラブだとモノの特性が乖離しすぎているから

です。

一般的に謳われているタオル素振りのメリットについて、私個人の意見をまとめたのでコチラをご覧ください。

まとめ:素振り練習を取り入れよう

以上をまとめると、

  • 毎日
  • どこでもいいので
  • (ドライバット右5回連続→ドライバー右5回連続)×5セット
  • 左も同様に5セット
  • 計1日100回

コレをやるのが1番効率よく上達するする方法だと思います。

ぜひ、日々の練習に取り組んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました