iPhone

FaceTimeの通信量は?|LineやSkypeと比較してみた

iPhone

 

こんにちは。現役医師のほしと(@hoshitodoctor)です。

 

この記事の要点
  • 音声通話はLineを優先する
  • ビデオ通話はSkypeを優先する
  • 音質をあげたいならFaceTimeを優先する

 

FaceTimeはApple純正アプリであり、LineSkypeと同様に、モバイルデータ通信でビデオ通話や普通の通話が楽しめます。

似たようなサービスを提供するこの3つアプリですが、最もデータ通信量が少ないのはどれなのでしょうか。

それが分かりさえすれば、日々のデータ通信量を節約することができます。

実際に、この記事では1分あたりのデータ通信量・1GBあたりの使用可能時間の2項目で、比較してみました。

スポンサーリンク

比較結果|「FaceTime」 vs 「Skype」 vs 「Line」

FaceTimeにおける通信量

FaceTimeにおける通信料は、このようになりました。

iOS13の環境下で測定しました。

上記のようにFaceTimeオーディオでは、1分あたり1.6MBの使用でした。

一方ビデオ通話では1分あたり23.4MBの使用でした。

Skypeにおける通信量

Skypeにおける通信料は、このようになりました。

音声通話では1分あたり0.6MB、ビデオ通話では1分あたり4.2MBの使用でした。

Lineにおける通信量

Lineにおける通信料は、Lineモバイルの公式ホームページを採用しました。

音声通話では1分あたり0.3MB、ビデオ通話では1分あたり5.1MBの使用でした。

比較結果まとめ

以上を表にまとめると以下のようになります。

結果

音声通話の場合

FaceTimeSkypeLine
1分通話での通信量(MB)1.60.60.3
1GBに達する通話時間(分)64017073413

ビデオ通話の場合

FaceTimeSkypeLine
1分通話での通信量(MB)23.44.25.1
1GBに達する通話時間(分)43.8244200.8

音声通話ではLineが、ビデオ通話ではSkypeがそれぞれ最も使用容量が少ないという結果になりました。

FaceTimeは他の二つと比べて音質が比較的良いとされる一方、使用通信料は一番多いという結果になりました。

FaceTimeについては、iOSがアップデートされるにつれて使用量が増加している傾向があり、その要因としては音質や画質の改善が考えられます。

まとめ

以上の結果より言えること。

  • 音声通話はLineを優先する
  • ビデオ通話はSkypeを優先する
  • 音質をあげたいならFaceTimeを優先する

とはいえFaceTimeオーディオを用いた場合でも、10時間以上の通話でやっと1GBです。

ほとんどの人は、これら3つの通話アプリを使う際には通信量は気にする必要がないと言えるでしょう。

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました