医学

喘息で起座呼吸が起こる理由

起坐呼吸とは、、、

呼吸困難が臥位で増強し,起坐位または半坐位で軽減するという臨床的徴候。

日本救急医学会

左心不全では、臥位を取った際に静脈還流量(VR:venous return)が増加し、肺うっ血の増悪から呼吸困難の増悪に至る。そこで、VRを減らそうと起坐位をとる。

一方喘息においては、臥位に比べ起坐位を取ることによって気道分泌物の排泄が容易になるから起坐呼吸が起こると考えられている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました